ゲーム制作では短編ゲームを連続投稿すべき【最初のうちは】

2019/12/15ゲーム制作,創作

およそ2分で読めます

短編ゲーム連続投稿のススメ【ゲーム制作の初心者は特に】
かけ出しゲーム作者

とりあえず、まずは長編ゲームでも作ろうかな。
長いゲームの方がみんなに遊んでもらえるだろうし!
じっくり丁寧にゲームを作れば、面白いものも完成するでしょ。

初心者の方で、もしこのように考えていたら高確率で挫折します(最悪完成できません)。

本記事の内容

  • 短編ゲームを作った方が良い理由
  • ゲームは連続投稿した方が良い理由

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私は、ゲーム制作歴10年くらいです。
制作した自作ゲームは25万回以上プレイしていただいており、ゲームコンテストでは5回以上受賞しています。
また、ゲーム制作イベントの講師経験もあります。

私は10年以上にわたり、多くのゲームを制作してきました。

その経験上、初心者は「短編ゲーム制作」「ゲームの連続投稿」をすべきという結論に至りました。

「なぜ短編ゲームを連続で作って投稿した方が良いのか」解説していきます。

ゲーム制作では短編ゲームを連続投稿すべき【最初のうちは】

短編ゲーム連続投稿のススメ【ゲーム制作の初心者は特に】

下記2つに分けて解説していきます。

  • 短編ゲームを作った方が良い理由
  • 連続投稿した方が良い理由

短編ゲームを作った方が良い理由

まず、長編ゲームを作るのにはとても長い時間がかかります。
ここで言う「長編ゲーム」とは、プレイ時間が3時間を超えるようなゲームです。

長編ゲームは用意すべきものがたくさんあります。
画像・音声・キャラクター・シナリオ・システムなど、作るべきものがとにかく多いです。

しかも、プレイヤーに長く楽しんでもらえなければいけません。
そのためには、プレイヤーを飽きさせない工夫が必要です。

また、ゲームのコンセプトが明確でなければいけません。
そうでないと、プレイヤーは途中でゲームをやめてしまう可能性が高まります。

以上のように、長編ゲーム制作は技術的なハードルが高いわけです。
ゲーム制作の初心者には、長編ゲームを作ることはオススメできません。

私に限らず、多くのサイトでこのことについては言われ続けています。

まずは短編ゲームから作りましょう。

短編ゲームであれば、数週間単位から完成させることも可能です。

上手くやれば1日で完成させることも可能です。
実際に私は1日で完成させたことがあるからそう言い切れます。

短編ゲームであれば、用意すべき素材が少なくても大丈夫です。

特に社会人の方の場合。
ゲームを作れるのは就寝前や休日に限られてしまいます。

もしも長編ゲームを作るとなると、素材の制作だけで1年以上経つことも考えられます。

全くゲーム制作が進まないので、途中でモチベーションが維持できなくなります。
そして、ゲームを完成させることなくやめてしまうこともあります。

ゲームは連続投稿した方が良い理由

現在、ゲームは毎日"数10本"の単位で公開され続けています。
RPGツクールMVなどの「手軽にゲームを作れるソフト」が広まったからです。

昔はこんなにたくさんのゲームが毎日投稿されることはありませんでした。
そのため、人に遊んでもらうのもずっと簡単でした。

しかし、現在は簡単には遊んでもらえません。

ゲームを投稿しても、他のゲームに掲載順位が落とされてしまいます。
よって遊んでもらえる可能性が低くなりました。

そんな中、長編ゲームを年に1回投稿したところでどうでしょう?
365日毎日数十本投稿される中の、単なる一つのゲームに過ぎないのは分かると思います。

どれだけ頑張って作ったゲームでも人の目に触れるのは一瞬です。
長編を作るリスクが高いことが明らかです。

そのため多くの方の目に触れさせるためにも連続で投稿する方が良いのです。
ここで言う連続投稿とは、毎月1個ゲームを投稿するようなことです。

ゲーム投稿頻度が上がると、それだけ人に認知してもらえる機会が多くなります。
また、過去に公開したゲームも見てもらえる可能性が高くなります。

そのため、まずは人に認知してもらうためにも、ゲームを連続で投稿しましょう。

連続で投稿するためには、ゲーム制作にかける時間が少なくないといけません。
したがって短編ゲームの制作をしましょう。

結論、初心者は短編ゲームを連続(月に1回のペース)で投稿しようということです。

まとめ:最初のうちは短編ゲームを制作しよう!

まとめ:初心者の内は短編でゲーム制作しよう!

以上が「ゲーム制作初心者は短編を連続で投稿した方が良い理由」です。

初心者はまだゲームを見てもらえていません。
まずは、自分のゲームが多くの人に見てもらえるよう努力しないといけません。

そのためにも、短いスパンでいくつもゲームを投稿した方が、見てもらえる可能性が高まります。

多くのプレイヤーは飽き性だと思ってください。
遊ぶゲームの移り変わりが激しいのです。

実際のところ月に1度は難しいかもしれません。
それでも年に3つくらいはゲームを投稿した方が良いと思います。

合わせて読みたい

ゲームの作り方については下記記事で詳しく解説しています。

»ゲームの作り方【初心者でも始められる個人ゲーム制作の方法】

今回は以上です。