Efframai II エフレメイ2【公式ページ】

2020/2/11

Efframai II エフレメイ2【公式ページ】

ビックリ連発!お化け屋敷を進む恐怖を味わおう!
手軽に肝試しができる短編ホラーゲーム!

【シリーズ累計7万プレイ突破・ゲームコンテスト受賞作!】

『Efframai II エフレメイ2』とは?

エフレメイ2のスクリーンショット

恐怖体験!肝試しホラーゲーム!

ゲーム性は非常にシンプルです。
怨霊・お化け・心霊現象が発生しまくる「恐怖のお化け屋敷」を
ただただ歩いて進んでいきましょう!

2Dのホラーゲームと3D風ホラーゲームの両方が、このゲーム一本で楽しめます!

サウンド演出には「立体音響」も使用し、確かな臨場感とゾクゾク感も体験できます!
部屋を真っ暗にして「最恐の恐怖」を味わってください!

こんな方にオススメ!

  • なるべく簡単に遊べるホラーゲームがやりたい!
  • たくさんビックリできるゲームが遊びたい!
  • 実況プレイでホラーゲームを遊びたい!

こんな方にオススメの短編フリーホラーゲームです。

『Efframai II エフレメイ2』の基本情報

エフレメイ2のスクリーンショット

【ジャンル 】ホラーアドベンチャー
【特徴 】ビックリ/ホラーゲーム/不気味/謎解き無し/ドット絵/疑似3D/雰囲気重視/音重視
【難易度 】超簡単
【プレイ時間 】10分~(超短編)
【エンディング数】1
【制作ソフト 】RPGツクールMV

27,000ダウンロード&プレイ突破。(旧版含む/全公開サイト総計)
ゲーム実況動画の投稿数は3ケタ以上!(多くの方にご利用いただいています)

「第5回PLiCyゲームコンテスト システム部門」で【敢闘賞】を受賞。

『Efframai II エフレメイ2』のゲーム説明

エフレメイ2のスクリーンショット

ちまたで有名なお化け屋敷「Efframai エフレメイ」
を改装したお化け屋敷「Efframai II エフレメイ2」

このお化け屋敷では以前から、作り物のお化けに交じって本物の幽霊が出ると噂になっていましたが、
改装後は以前にも増して、本物の幽霊が出ると噂になっているそうです

戦闘・謎解き・ゲームオーバー・セリフなど、
このゲームには普通のゲームにありそうな要素はほとんど存在しません。

このゲームを作った目的はただ一つ。
あなたを怖がらせるためだけにこのゲームを作りました。

前作よりも確実にパワーアップして改装された「お化け屋敷エフレメイ」を存分にお楽しみください。
以前よりもリアルに、そしてよりいっそう怖い演出・雰囲気をお届けします。

ちなみに、このゲームの演出の一部には立体音響を使用しています。
立体音響を十分に楽しむためにも、両耳イヤフォンやヘッドホンの装着をオススメします。

プレイヤーの評価やご感想

すでに遊んでいただいた方の評価やご感想(口コミ)も紹介します。

『Efframai II エフレメイ2』の評価やご感想

※ネタバレを含む可能性もあるのでご注意ください。

このように大変多くの方に遊んでいただいています。

なお、いただいたご感想はすべて拝読しています。
もしこのゲームを楽しんでいただけましたらご感想をいただけると嬉しいです!

『Efframai II エフレメイ2』のダウンロード(ゲームプレイ)

※スマホでプレイする場合は、下記スマホアプリ版をご利用ください。

この作品が気に入ったらぜひフォローお願いします!
最新作の情報などもツイートしています。

ドッド工房のTwitter

PCダウンロード版ブラウザ版スマホアプリ版
BOOTHRPGアツマールGoogle Play

韓国語版

Readme(ゲームの説明書)

このゲームを実況プレイなどに使用する場合は必ずお読みください。

『Efframai II エフレメイ2(新版)』のReadme

『Efframai II エフレメイ2』の関連作品(続編や前作)

シリーズ3作目『Efframai III エフレメイ3』

『Efframai II エフレメイ2』よりもさらにリアルになり、臨場感の増した恐怖を体験できます。

さらに新要素として3つの機能も実装しました!

  • お化け屋敷コースの自動生成モード(これで何度でも遊べる!)
  • お化け屋敷コースの作成モード
  • 他プレイヤーのお化け屋敷をインターネットを通じて遊べる機能

やり込んでも楽しくなった『Efframai III エフレメイ3』をぜひ体験してみてください!


シリーズ1作目『Efframai エフレメイ』

2013年にリリースしたドッド工房の処女作です。

リリースから7年以上経つ現在でも、大変多くの方に遊んでいただいており、
ドッド工房の代表的な作品となっています。

Posted by ドッド工房