ゲーム制作は絵が描けない人でもできる!【その理由と方法を解説】

2019/12/6ゲーム制作,創作

およそ2分で読めます

ゲーム制作は絵が描けない人でもできる!【その理由と方法を解説】
悩んでいる人

絵が描けないとゲームって作れないのかな?
作っても遊んでもらえないのかな?
絵が描けなくてもゲームを作る方法を知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 絵が描けないなら依頼すればいい
  • 絵が描けないなら3DCGで作ればいい
  • 絵が描けないなら練習すればいい
  • 絵が描けないなら借りればいい
  • 絵が描けないなら写真を使えばいい
  • ゲームは中身が大事

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私は、ゲーム制作歴10年くらいです。
制作した自作ゲームは26万回以上プレイしていただいており、ゲームコンテストでは5回以上受賞しています。
また、ゲーム制作イベントの講師経験もあります。

断言します。

ゲーム制作は絵が描けなくてもできます。
そして、たくさんの方に遊んでもらうことも可能です。

私は自分で絵を描いていないゲームで、1万回以上遊んでもらえた実績があります。

絵が描けないからといって、ゲームを作れない・ゲームが遊んでもらえないなんてことはありません。
描けないなら工夫すれば解決できます。

この記事を読めば、絵が描けなくてもゲームが作れる方法がわかります。

ゲーム制作は絵が描けない人でもできる

ゲーム制作は絵が描けない人でもできる

下記ゲームで私は絵を描いていません。
ですが、現在12,000回も遊んでいただき、多くの方に楽しんでいただけました。

だから安心してください。
絵が描けないからといってゲーム制作で不利になることはありません。

絵が描けないなら依頼すればいい

絵が描けないなら、絵の作成を人に依頼してみましょう。

ゲームを作るうえで、自分で絵を描く必要はないわけです。

依頼するメリットの1つとして、他のゲームと使用素材が被らないという点があります。
独自性を大切にしたい方には、被らないのは大事ですよね。

参考»ゲーム制作の作業や素材作成を依頼する方法【手軽・格安で委託も!】

依頼には費用が必要ですが、上記記事で紹介するサービスなら格安で依頼も可能です。

大体1,000円くらいから依頼できます。
アルバイトの時給くらいなので、ほぼノーダメージですね。
ゲーム販売とかもするなら費用の回収はすぐできると思いますよ!

絵が描けないなら3DCGで作ればいい

絵が描けないなら、代わりに3DCGを作ってみましょう。

絵を描くのと3DCGを作成するのは、まったく違う技術です。
3DCGは絵が描けなくても作れます。

私は下記ゲーム『Efframai III エフレメイ3』の開発で3DCGを使用しています。

3DCGは絵が描けなくても操作方法を覚えれば作れます。

3DCGは3Dゲームに限らず、2Dゲームに使用することも可能です。
画像としてレンダリング(出力)して使えるというわけです。

3DCGを使うと、ゲームの見栄えもよくなるのでかなりオススメですよ!

参考»【簡単に使える】3DCGモデリングソフト【初心者にオススメ】

絵が描けないなら練習すればいい

絵は練習すれば描けるようになります。

私は昔、全く絵が描けませんでした。
ですが、毎日練習を重ねて簡単なキャラクターイラストなら描けるようになりました。

ドッド工房のイラスト
私が描いた絵

上記のとおり、絵は練習すればある程度描けるようになります。
だから大丈夫です。

使いやすいペイントソフトとペンタブを使って、ひたすら練習してみましょう。

参考»ペイントソフトのおすすめはこれ!お絵描きツール比較【無料/有料】

絵が描けないなら借りればいい

誰かが作った絵を借りるのもアリです。

もちろん勝手に使ってはいけません。著作権侵害になってしまいます。

ならばどうするか、そこで登場するのがフリー画像素材サイトです。
ネットにはたくさんのフリー画像素材サイトがあります。

フリー画像素材サイトから借りた画像でゲームを作ればいいのです。
ただし、ほかの作品と使用素材が被る可能性が高いですが…

「ゲーム制作 画像素材」と検索してみましょう。

ただし、利用するときは必ず各素材サイトの利用規約を守りましょう。

絵が描けないなら写真を使えばいい

絵の代わりに写真を使うのもアリです。

実際に実写で作られたゲームも存在します。
商業ゲームでは『街』が実写のゲームとして有名です。

また、写真を使うにしても実写っぽくしたくないなら写真を加工すればOKです。
下記記事で写真をドット絵にする方法を解説しています。

参考»【あつ森も】画像をドット絵に変換できるサイトやソフトの紹介

ゲームは中身が大事

結局のところゲームは中身が大事です。

たしかに絵が綺麗だとそれだけで遊んでもらえます。

なぜならプレイヤーがゲームを遊ぼうとする時に得られる事前情報として、
「ゲーム画面の画像」が大きく割合を占めるからです。

しかし、中身がないゲームだと継続的には遊んでもらえません。
なぜなら、「絵が綺麗=ゲームの面白さ」ではないため、プレイヤーに口コミされにくいからです。

冒頭で絵が描けなくてもゲーム制作で不利にならないと言った理由はこれです。

中身をしっかり作りこみ、プレイヤーに楽しんでもらい口コミで広めてもらいましょう。
画像は上記で紹介した方法でカバーすればいいのです。

まとめ:ゲーム制作は絵が描けなくても大丈夫。作ってみよう!

まとめ:ゲーム制作は絵が描けなくても大丈夫。作ってみよう!

以上が「ゲーム制作は絵が描けなくてもできる」というお話です。

絵は専門で頑張っている方がいます。
ぜひそういった方を頼ってみましょう!

すべて自分で作る必要はありません。
役割を分担して、自分の頑張る範囲に力を注げば大丈夫です。

合わせて読みたい

実際のゲームの作り方を下記記事で詳しく解説しました。
これからゲームを作りたいと考えている方は参考にしてください。

»ゲームの作り方【初心者向け・個人制作に必要な知識を解説】

今回は以上です。