自作ゲームを翻訳する方法【ローカライズで海外進出を狙おう】

2020/1/10ゲーム制作,創作

およそ3分で読めます

自作ゲームを翻訳する方法【ローカライズで海外進出を狙おう】
悩んでいる人

作ったゲームを海外の人にも遊んでもらいたい!
だけど、僕には翻訳は難しい…
翻訳を気軽にお願いする方法を教えてほしい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 自作ゲームを翻訳する(ローカライズする)方法
  • 翻訳する(ローカライズする)ことのメリット

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私は、ゲーム制作歴10年くらいです。
制作した自作ゲームは25万回以上プレイしていただいており、ゲームコンテストでは5回以上受賞しています。
また、ゲーム制作イベントの講師経験もあります。

私は外国語翻訳したゲームも複数公開しており、海外の方にも遊んでいただいています。
ときどき海外の方からもファンメールをいただくこともあります。

さて、この記事では、あなたのゲームの外国語翻訳を依頼する方法を紹介します。

「依頼」と聞くと、素人では手が出せないハードルの高いことと感じるかもしれません。

ですが、実際はあなたが思う以上に、依頼するハードルは高くありません。
むしろ最近は、誰でも気軽に依頼できる環境になりました。

1,000円くらい~と格安で依頼することもできるのです!

あなたのゲームを世界に進出させてみませんか?
そして、海外の人にもあなたのゲームを遊んでもらいましょう!

この記事を読めば、あなたはすぐに自作ゲームの翻訳を依頼することができます!

自作ゲームを翻訳する方法【ローカライズで海外進出を狙おう】

自作ゲームを翻訳する方法【ローカライズで海外進出を狙おう】

ローカライズとは、外国での使用も想定してその国の言語に対応させる(翻訳する)ことです。

自作ゲームを翻訳する(ローカライズする)方法

まずは翻訳してもらう方法を紹介します。

自作ゲームを翻訳する方法は下記のとおりです。

  • スキルがある人に自作ゲーム翻訳を依頼する
  • 海外ファンに自作ゲーム翻訳をお願いする
  • 自力で自作ゲームを翻訳する

スキルがある人に自作ゲーム翻訳を依頼する

これが一番手っ取り早く、簡単にそして確実に翻訳できる方法です。

実際に依頼する方法は下記のとおりです。


ココナラとは、簡単に言うと「依頼する個人と依頼される個人のマッチングサービス」です。

イラスト・漫画・ロゴ作成・画像加工・アニメーション制作・作曲・ナレーション・サイト制作・アプリ開発・プログラミング等も依頼できます。


  1. ココナラで無料会員登録をする。
  2. 「ゲーム 翻訳」と調べる→「翻訳を依頼できる人」が表示される。
  3. プロフィール・評価・費用などを確認して依頼する。
    ※1,000円くらい~と格安で依頼もできます。

依頼するデメリット

  • 費用が少しかかる

本当に少しかかるだけです。(1,000円くらいから依頼可能)
得られるメリットを考えたら決して高くはない費用だと思います。

ゲーム販売も視野に入れているなら、依頼費用はゲームの売上で回収が可能です!

海外ファン獲得&費用がほとんどかからない(回収すればプラマイ0)。
つまり、ノーダメージで依頼できるということですね。

依頼するメリット

  • その国においてNGな表現を避けられる
  • お金を払う以上、責任を持ってやってもらえる
  • 人に任せるだけなのであなたは苦労しない

人に任せるだけなので、あなたは何もしなくてOKです。

苦労することなく、外国語に対応された自作ゲームが簡単に作れます。

海外ファンに自作ゲーム翻訳をお願いする

こちらは少し難易度高めです。

海外の方にまず認知してもらえないと、海外ファンはつかないからです。
それだけ認知されるように工夫していないと難しいです。

なにより、認知されたところで海外の方に興味も持っていただけないと成立しません。

ちなみに私は海外の有志の方に翻訳していただいたことがあります。

しかし、このケースは特殊です。
私のゲームは実況動画などでもよく遊ばれており、その影響で海外の方に認知を獲得できているだけです。

海外ファンに翻訳してもらうのは、誰でも確実にできる方法ではありません。
なので、結局のところ依頼するのが確実です。

自力で自作ゲームを翻訳する

こちらも人によっては難易度が高いです。

ゲームを自力で翻訳するには、その国の言語の知識だけでなく、文化への理解が必要です。

英語であれば小中高と学んできているはずなのでなんとかなるかと思います。
しかし、英語圏でない国の言語となると、おそらく多くの方は知識を持っていないはずです。

また、その国の文化を知っていないと、その国でNGな表現も翻訳してしまうリスクがあります。

日本ではOKでも海外ではダメといった表現も結構あります。
つまり、言語の知識だけでなく文化に対する理解も必要なので難易度が高いです。

自力で翻訳するのは、語学力と文化への理解をつけるのが必須です。
なので、やはり依頼するのが得策だと思います。


※公式サイトに飛びます。


翻訳する(ローカライズする)ことのメリット

翻訳する(ローカライズする)ことのメリット

ローカライズすることで様々なメリットが得られます。

  • 自作ゲームのユーザー数(プレイヤー数)を増やせる
  • 販売している場合は売り上げも伸ばせる

自作ゲームのユーザー数(プレイヤー数)を増やせる

海外の方も取り込めるので、その分遊んでもらえる数が多くなります。

グローバル化の時代、日本のみでの展開だと厳しいのはご存知かと思います。
なぜなら、日本の人口がそもそも少ないですし、少子化の影響により今後ますます人口が減っていくからです。

そのため、海外の方もターゲットに含めることで、自作ゲームのユーザー数を増やせるわけです。

販売している場合は売り上げも伸ばせる

もしローカライズするゲームが販売している製品の場合。
売り上げも伸ばせる可能性が十分にあるのはご理解いただけると思います。

日本ユーザーだけでなく、海外の方にも買ってもらえればその分売り上げに繋がりますからね。

また、最近の日本の子供たちは「ゲームが無料で遊べるのが当たり前」という認識になってきている、というのがTwitterで一時期話題になった覚えがあります。

日本ユーザー以外に意識を向けるのも、今後のゲーム販売において重要だと考えられます。

何より、外国語対応をして売上を伸ばせれば、翻訳依頼に投資した費用以外も回収することが可能になります。

まとめ:自作ゲームを翻訳して海外ファンを獲得しよう!

まとめ:自作ゲームを翻訳して海外ファンを獲得しよう!

以上が「自作ゲームを翻訳(ローカライズ)する方法」です。

結論、スキルがある人に依頼するのがオススメです。

今回の記事で紹介したココナラなら、かなり手軽に翻訳できます。
個人ゲーム制作をしている方に特にオススメです。

今後、ゲームの翻訳(ローカライズ)はユーザー獲得には必須になっていくと予測できます。

まだまだ機械翻訳(コンピュータによる自動翻訳)の精度では不十分です。
コンテンツを海外進出させるためには、言語だけではなく文化への理解も必要ですしね。

あなたのゲームを翻訳(ローカライズ)し、海外で流行らせましょう!
そのために、最も得策と考えられるのは「依頼」です。

依頼に使った費用は、売上で回収すれば実質ノーダメージです。

※公式サイトに飛びます。

上記リンク先で無料会員登録後、「ゲーム 翻訳」で検索。
依頼できる人が表示されるので、その中から選んでみましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

下記記事では自作ゲームを販売する方法を紹介しています。
海外向けに公開する方法も記事の一部で紹介しています。

»自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

今回は以上です。