ペイントソフトのおすすめはこれ!お絵描きツール比較【無料/有料】

2020/2/23創作

ペイントソフトのおすすめはこれ!お絵描きツール比較【無料/有料】
悩んでいる人

デジタルでイラストを描いてみたい!
でも、ペイントソフトって色々あるし、
どれを使ったらいいんだろう?
おすすめのペイントソフトを知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 厳選したオススメのペイントソフト8つを比較して紹介

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

私はデジタルでイラストを描き始めて8年くらいです。
ゲーム制作もしており、ゲームのグラフィック(CG)制作に
ペイントソフトを活用しています。

いざデジタルでイラストを描いてみようと思っても、
ペイントソフトって色々あって、どれを使ったらいいか悩みますよね?

そこで、今回は「オススメのペイントソフト」を厳選し、
機能や価格を比較しつつ紹介していきます。

ご存知の通り、
デジタルで絵(イラスト・CG等)を描くためには、ペイントソフトが必要不可欠です。

良いペイントソフトを使えば、快適にイラストが描けます。
そして、ハイクオリティに描けるので、イラスト作成がますます楽しくなります。

この記事を読めば、どのペイントソフトを使えば良いのかが分かります。
それではご覧ください!

ペイントソフトのオススメはこれ!お絵描きツール比較【無料/有料】

ペイントソフトのおすすめはこれ!お絵描きツール比較【無料/有料】

少し前置きとして、
ペイントソフトには無料・有料のものがあります。

基本的に有料のペイントソフトのほうが機能が優れています。
しかし、無料のペイントソフトでも十分という場合もあります。

あなたの利用目的に合わせて選んでみましょう。

  • ちょっとした画像編集程度なら、無料ペイントソフトで十分です。
  • 本格的にイラストを楽しみたいなら、有料ペイントソフトを使うのがオススメです。

個人的な意見としては、
どちらの場合でも「有料のペイントソフト」
を使うことをオススメします。

というのも、無料ペイントソフトでイラスト作成をしていくうちに、
下記のことを考えるようになるからです。

  • 「有料ペイントソフトのあの機能があったら良いのになぁ」
  • 「プロと同じペイントソフトを使えばもっと上手に描けるだろうなぁ」
  • 「有料ペイントソフトに乗り換えたいけど、また使い方を覚え直さないといけなくて大変」

つまり、「最初から有料ペイントソフトを使っておけば良かった」と後悔することになるのです。

私も最初はお金がもったいないと思って、
無料のペイントソフトを使っていました。

しかし、結局は有料ペイントソフトに乗り換えました。

やはり有料ペイントソフトの方が描きやすいですし、
イラストを描くときに受けられる恩恵も大きいです。

ペイントソフトは今後長く使っていくものです。
最初から有料ペイントソフトを使っておけば、こんな後悔はせずに済みます。

有料のペイントソフトには、
「1年間使うことを仮定した場合、毎日いくら節約すれば使えるか」もご説明します。

さて前置きはこれくらいにして、
さっそくおすすめのペイントソフトを紹介していきます!

①:CLIP STUDIO PAINT PRO(クリップスタジオペイントプロ)

CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PROは、株式会社セルシスが開発しています。

  • CLIP STUDIO PAINT PRO
    総合評価:★★★★★
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★★★★★

1年間は使うことを仮定すると、毎日14円節約すれば使えます。

こんな人にオススメ!

イラストに限らず漫画やアニメーションも作りたいすべての人
絵を仕事にしている人と同じ環境で始めたい人

デメリット

  • 良くも悪くも機能が多い→慣れるまで少しだけ時間が必要
  • あまりにも低スペックなPCだと、動作がやや重く感じることもある

メリット

  • 3Dデッサン人形機能がある→ポーズを描くのが苦手でも大丈夫
  • はみ出し防止機能がある→面倒な色塗りも格段に楽になる
  • 自動着色機能がある→色塗りが苦手でも大丈夫
  • ブラシや素材が充実していて追加も可能→自由な創作が楽しめる
  • コマ割りやトーンなどの機能がそろっている→漫画制作も楽しめる

私の愛用している有料ペイントソフトです。
ブラシの種類や機能はプラグインでどこまでも拡張できるので、
「イラストを描く上でできないことはほぼ無い」と言っても過言ではありません。

以上のとおり、迷ったらこれを使っておけば失敗しません。
非常に多くの方が使っている定番ペイントソフトです。

②:CLIP STUDIO PAINT EX(クリップスタジオペイントイーエックス)

CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX

CLIP STUDIO PAINT EXは、株式会社セルシスが開発しています。

  • CLIP STUDIO PAINT EX
    総合評価:★★★★★
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★★★★★

1年間は使うことを仮定すると、毎日64円節約すれば使えます。

こんな人にオススメ!

イラストに限らず漫画やアニメーションも作りたい人
その中でも特に、漫画を本格的に描きたい人

デメリット

  • 価格がやや高め。しかし、便利な機能が多くプロ向き

メリット(PROに加えて)

  • セリフの一括管理ができるので、長編漫画を描くときにも便利
  • ページ番号の一括設定ができるので、手動で割り振る必要がなくて便利
  • 見開きページも簡単に作成できる。それも自動で結合してくれる
  • 同人誌などの書籍化を支援する機能がある。製本3Dプレビューで完成形を確認できる

PROよりも漫画を描く機能に特化しています。
特に「製本プレビュー」は同人活動をする方にも本当に便利です。

紙に印刷せずにどんな感じに製本できるのかを事前把握できるのです。
なかなかこんな機能は、他のペイントソフトにはありませんね。

③:Painter(ペインター)

3. Painter(ペインター)
Painter

Painterは、コーレル・コーポレーションが開発しています。

  • Painter
    総合評価:★★★★★
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★★★★★

1年間は使うことを仮定すると、毎日137円節約すれば使えます。

こんな人にオススメ!

アナログに近い自然なタッチと描き心地を求める人
絵を仕事にしている人と同じ環境で始めたい人

デメリット

  • 低スペックなPCだと動作がやや重く感じることもある
    (※最新版ではかなり改善されています)
  • 価格がやや高め。どちらかというとプロ向き。

メリット

  • アナログに近い自然なタッチと描き心地(←なかなか他にはないと思います)
  • ブラシ機能が豊富→創作の幅が広がる
  • 自動レタッチ機能があり、簡単に絵のタッチを変えられる

アナログに近いタッチでイラストが描けるのが
このペイントソフトの最大の特徴です。

価格は少し高めですが、
本気でイラストを描くなら買って損しないソフトですよ。

④:GIMP2(ギンプ2)

4. GIMP2(ギンプ2)
GIMP2

GIMP2は、The GIMP Development Teamが開発しています。

  • GIMP2
    総合評価:★★★☆☆
    使いやすさ:★★☆☆☆
    機能の充実度:★★★★☆

このペイントソフトは、無料で使えます。

こんな人にオススメ!

パソコン操作に慣れていて、ある程度充実した機能を無料で求める人
フォトショップは高くて買えない人

デメリット

  • 起動が遅い→ちょっとした画像編集には向かない
  • 動作が重い→あまりにも低スペックなPCだと厳しいかも
  • UIがやや分かりにくい
  • 良くも悪くも機能が多すぎる→筆者は慣れるのに1年かかりました

メリット

  • 変形ツールが充実している
  • ブラシやペン先も充実している
  • フィルター機能も充実している

簡単にこのソフトを言い表すと「フォトショップの下位互換」といったところです。

フリーソフトの中ではかなり高機能なペイントソフトですが、
少々UIが分かりにくく使い勝手が悪いのが残念なポイントです。

⑤:FireAlpaca(ファイアアルパカ)

5. FireAlpaca(ファイアアルパカ)
FireAlpaca

FireAlpacaは、株式会社ピージ―エヌが開発しています。

  • FireAlpaca
    総合評価:★★★☆☆
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★★★☆☆

このペイントソフトは無料で使えます。

こんな人にオススメ!

デジタルイラストを始めたばかりで、とりあえずまずは無料で始めたい人

デメリット

  • 起動時に必ず広告が表示される→毎回ウィンドウを消す作業がストレスに感じてきます
  • グループ化しないとレイヤーを複数選択できない

メリット

  • ブラシ機能が充実している
  • 3Dパース機能がついていてスナップが可能
  • 漫画原稿用紙のテンプレートが用意されている

私が有料ペイントソフトに買い替える前に、
常用していた無料ペイントソフトです。

イラストを描くうえで必要な機能はある程度そろっています。
デジタルイラストを始めたばかりの方におすすめです。

⑥:Krita(クリータ)

6. Krita(クリータ)
Krita

Kritaは、Krita財団が開発しています。

  • Krita
    総合評価:★★★★☆
    使いやすさ:★★★☆☆
    機能の充実度:★★★★☆

このペイントソフトは無料で使えます。

こんな人にオススメ!

デジタルイラストを始めたばかりで、とりあえずまずは無料で始めたい人

デメリット

  • 動作がやや重い
  • バグが発生しやすい

メリット

  • ブラシ機能が充実
  • アニメーション制作機能がある
  • 変形ツールも充実している
  • UIが直感的で分かりやすい

日本ではあまり知られていないフリーペイントソフトです。
無料なのに高機能で、分かりやすいUIが特徴。
初心者の方にもおすすめできるペイントソフトです。

ただし、動作が重くてバグが時々発生しますが…。

⑦:ペイントツールSAI(ペイントツールサイ)

7. ペイントツールSAI(ペイントツールサイ)
ペイントツールSAI

ペイントツールSAIは、SYSTEMAX Software Developmentが開発しています。

  • ペイントツールSAI
    総合評価:★★★☆☆
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★★☆☆☆

1年間は使うことを仮定すると、毎日16円節約すれば使えます。

こんな人にオススメ!

使いやすい・シンプル・動作が軽い を求める人

デメリット

  • 文字入れができない→他のソフトと併用しないといけないので結構面倒
  • グラデーション描画機能がない
  • 円形・矩形ツールがないので、きれいな円や模様を簡単に描けない

メリット

  • 動作が軽い→低スペックなPCでも軽快に動くはず
  • 簡単でわかりやすいUI
  • 綺麗な線が引ける

かつて非常に人気だったペイントソフトです。
人気の秘密は「線画の描きやすさ」でして、
他ペイントソフトよりも綺麗に線画が描けます。

線画専用として使うのもアリかもしれませんね。

⑧:AzPainter2(アズペインター2)

8. AzPainter2(アズペインター2)
AzPainter2

AzPainter2は、Azelさんが開発しています。

  • AzPainter2
    総合評価:★★☆☆☆
    使いやすさ:★★★★☆
    機能の充実度:★☆☆☆☆

このペイントソフトは無料で使えます。

こんな人にオススメ!

使いやすい・シンプル・動作が軽い を無料で求める人

デメリット

  • ブラシ機能が少ない→正直イラストを描くのには向かない
  • 画像サイズに4500*4500という制限がある
  • テキストのセンタリングができない

メリット

  • 起動と動作が軽い
  • テクスチャー機能も搭載されている
  • 直観的で分かりやすい操作性→ちょっとした画像編集に向く

私は文字入れやトリミングなどの「画像編集」でこのソフトを使っています。
動作が軽くて編集がしやすいので、有料ペイントソフトと併用して重宝しています。

絵を描くための機能は少ないので、正直なところイラスト作成には向きません。

まとめ:ペイントソフトを準備してさっそくイラストを描こう!

まとめ:ペイントソフトを準備してさっそくイラストを描こう!

今回は「厳選したおすすめのペイントソフト」を比較して紹介しました。

紹介した中から、あなたが使いたいペイントソフトは見つけられましたか?

イラストが描きやすいソフトで始めた方が時間と労力を損しません。
なので、サポートもついていて機能も多い、有料ペイントソフトを使えばOKです。

とはいえ、無料ソフトにも良いソフトはあるので、
それぞれ試しに使ってみても良いと思います。

ちなみに、有料ペイントソフトの中には「無料体験版」が用意されているものもあります。

購入前に試しに一度使ってみて、
「本当に自分に合っているソフトなのか」を確かめてみるのがオススメです。

ペイントソフトの準備ができたら、さっそくイラスト制作に取り掛かりましょう!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

下記記事ではイラスト制作向けパソコンの選び方を解説。
最適なスペックのPCで快適にイラストを描きましょう。
»イラスト制作におすすめのパソコン【快適に絵を描くスペックとは?】


ペイントソフトと一緒にペンタブレットも用意しましょう。
下記記事で「ペンタブレットや液晶タブレットの選び方とおすすめ機種」を解説しました。
»ペンタブレットと液晶タブレットの選び方【おすすめも10種紹介】

今回は以上です。