ブログの書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】

2020/5/13ブログ

およそ3分で読めます

ブログの書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】
悩んでいる人

ブログの書き方が分からない。
どうやってブログ記事を書けば良いんだろう?
ブログの書き方とコツを教えてほしい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 「ブログ記事の書き方とコツ」を初心者の方に向けて5つの手順で解説

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私はブロガー歴1年目です。
総閲覧数15万PV以上を達成し、総ブログ収益は13万円以上を達成しています。

今回は「ブログの書き方とコツ」の解説です。

ブログを書き始めたばかりの頃は、ブログの書き方ってよく分からないですよね。

実際に私もブログを始めたばかりの頃は、書き方が分からずやみくもに書いていました。

でも、やみくもにブログ記事を書いてしまうと、読者の方に最後まで読んでもらえません。
また、検索エンジンに評価もされなくなってしまうので、検索順位で上位表示される可能性も低くなってしまいます。

せっかくネットでブログ記事を公開するのであれば、たくさんの読者の方に読んでもらいたいですよね。

そこで今回は、読者の方に読んでもらえるようなブログ記事の書き方を解説します。
SEOでも評価を高めやすい書き方ですので、ぜひ覚えていってください。

それではご覧ください。

ブログの書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】

ブログの書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】

結論から言うと、「読者を意識して記事を書く」のがコツです。

読者の方が読みやすいように記事を執筆すれば、SEOの評価は後からついてきます。

※SEO…検索エンジン最適化。検索エンジンで上位表示されるための取り組みのこと。

とはいえ、読者の方に読みやすいブログ記事をどうやって作ればいいのか、この点が分からないと思います。

そこで今回は、実際のブログ記事作成の手順に沿って解説していきます。

ブログ記事の書き方の手順は下記のとおりです。

  1. ブログ記事のタイトルを決める
  2. タイトルを解説するために必要な要素を書き出す
  3. 書き出した要素をブログ記事の見出しにする
  4. それぞれの見出しに沿った文章を書いていく
  5. 読みやすいように記事のレイアウトを調整する

それでは順番に解説していきます。

①:ブログ記事のタイトルを決める

①:ブログ記事のタイトルを決める

まず初めに、ブログ記事のタイトルを決めます。

ブログ記事のタイトル決めは、ブログ記事を書く上で最重要事項だと思ってください。

タイトルのつけ方で、ブログ記事が読まれるか読まれないかが決まります。
そして、検索エンジンに評価してもらえるかも大きく左右されます。

ブログ記事のタイトルを決めるとき、検索されるキーワードをタイトルに含めることが重要です。
タイトルにキーワードを含めないと、検索してくる読者を獲得できないからです。

あなたはこの記事にたどり着くために検索ワードを入力していると思います。

おそらく「ブログ 書き方」「ブログ 記事 書き方」などで検索されたのではないでしょうか?

この記事のタイトルは「ブログ書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】」です。

タイトルに検索キーワードが含まれているのがお分かりいただけると思います。

このように、記事タイトルに検索キーワードを含めることにより、検索した際に記事が表示されるようになるのです。

※ちなみに検索エンジンに表示されるよう、登録されることを「インデックス」といいます。

②:タイトルを解説するために必要な要素を書き出す

②:タイトルを解説するために必要な要素を書き出す

記事のタイトルを決めたら、今度はそのタイトルを解説するための要素を書き出します。

つまり、読者の悩みを解決するための内容のあらすじを考えます。

説明が難しいので、試しにこの記事を例にしてみましょう。

この記事は「ブログの書き方とコツ【初心者向け記事の作成手順】」というタイトルになっています。

つまり、「ブログの書き方とコツ」をこの記事で解説しなければいけません。

ここで、読者を想定して「どんな要素を入れてこのタイトル通りの記事にしていくか」を考えます。

今回、私は下記のような要素で解説することにしました。

  • ブログ記事のタイトルを決める
  • タイトルを解説するために必要な要素を書き出す
  • 書き出した要素をブログ記事の見出しにする
  • それぞれの見出しに沿った文章を書いていく
  • 読みやすいように記事のレイアウトを調整する

このように、記事の要素(あらすじ)を書き出します。

お気づきいただいたかもしれませんが、この記事の要素はそのまま「記事の見出し」になっています。

③:書き出した要素をブログ記事の見出しにする

③:書き出した要素をブログ記事の見出しにする

書き出した要素(あらすじ)は「記事の見出し」にしていきます。

見出しとは、この記事で言うと大きなフォントで太字になっている部分のことです。

記事のソース(内部)を見たとき、「h2タグ」「h3タグ」として書かれている部分のことです。

※ちなみに、h2・h3・h4といくにつれて、見出しタグの重要度は低くなると考えて問題ありません。

この見出しを作成することで、記事内容が章立てられるので読者にとって読みやすい記事になります。
また、それでけではなく、検索エンジンに記事の内容を把握してもらいやすくなり、SEOで評価を高めることにもつながります。

それだけ要素(あらすじ)を考えて見出しにしていくのは重要なプロセスというわけです。

ちなみに見出しのh2タグにも、タイトルと同じく検索キーワードを含めるようにしましょう。
見出しにキーワードを含めることで、SEO評価を高めることが期待できます。

見出しができれば記事は半分以上完成したと言っても過言ではありません。
記事が最後まで読まれるか、検索エンジンで評価されるかがここでほとんど決まります。

④:それぞれの見出しに沿った文章を書いていく

④:それぞれの見出しに沿った文章を書いていく

作成した見出しの下にそれぞれ文章を書いていきます。

見出しの内容を解説することを意識して書いていくのがコツです。

それぞれの見出しを解説していくことで、最終的に記事タイトルの解説になるという仕組みです。

記事に必要なパーツを埋めていくような感覚で文章を書いていきましょう。

ちなみに文字数の目安として、記事全体で2,500文字は行くように書きましょう。

文字数が少ない記事は、読者の方にがっかりされブラウザバックされるリスクがあります。
そうなると、記事への滞在時間も少なくなり、SEOで良い評価を得られるのが難しくなります。

とはいえ、文字数が多ければ良いというわけでもありません。
文字数が多すぎる記事は、まるで活字を読むような気分になるので、読者の方がつまらなく感じる可能性があります。

なので、目安として2,500文字くらいがちょうどいいと思います。

⑤:読みやすいように記事のレイアウトを調整する

⑤:読みやすいように記事のレイアウトを調整する

最後に、読者の方にも読みやすいように記事の見た目(レイアウト)を調整します。

記事の見た目を調整することで、読者の方に最後まで読んでもらえやすくなります。
そして、最後まで記事を読んでもらえると、検索エンジンの評価を高めることが期待できます。

「読者に長く読んでもらえた記事=良質な記事」と評価されるからです。

具体的には下記の点を調整すると良いと思います。

  • 段落が分かりやすいようにする
    • 段落間に空白スペースを入れる
    • 段落の背景に色をつける
  • 重要な部分は目立つようにする
    • 太字にする
    • 蛍光ペンで色をつける
  • 文章以外のコンテンツも盛り込む
    • 画像を入れる
    • 図解を入れる
    • 比較するときは表を使う

まとめ:ブログの書き方とコツは読者を意識すること

まとめ:ブログの書き方とコツは読者を意識すること

以上が「ブログの書き方とコツ」の解説でした。

今回紹介した内容は、ブログ記事を書く時の基本中の基本です。

実を言うと、ブログに詳しくなるとさらに高度な書き方をしたりします。
ですが、初心者の方はまだ気にする必要はありません。

まずは、ブログを書くのに慣れる必要があります。
高度な書き方をするのはブログに慣れてきてからです。

というのも、最初から知識を入れすぎると記事が書けなくなる危険性があるからです。
初心者はまず記事の質を高めるよりも、記事を増やすことを意識すべきです。

結局のところ、読者の目線に立ってブログ記事を書いていけばOKです。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

ブログ記事を書くときの参考書を紹介。
すべて私も読んだ本でオススメです。

»【厳選】ブログ運営にオススメの本3選【初心者に役立った書籍】

今回は以上です。