自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

2020/1/1ゲーム制作,創作

自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】
悩んでいる人

自分で作ったゲームを売ってみたい!
だけど、どうやって売ればいいんだろう?
ゲームなどを販売できるサイトを教えてほしい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 自作ゲームを販売する方法などを紹介

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私は、ゲーム制作歴10年くらいです。
制作した自作ゲームは26万回以上プレイしていただいており、ゲームコンテストでは5回以上受賞しています。
また、ゲーム制作イベントの講師経験もあります。

手軽に自作ゲームを販売する方法は、サービス(企業運営サイト)を利用することです。

システムがすでに用意されているので、あなたが作る手間が省けます。
また、既にそのサービスを利用している方が多くいるので、売れる可能性も高くなります。

今回紹介するのは、私がゲームの販売をしたいと考えたときに調べて見つけたサービスです。

良質だと判断した5つのサービスをピックアップしてみました。

この記事を読めば、あなたはすぐにゲームを販売する準備ができます!

それではさっそく紹介していきます。

自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

ダウンロードコンテンツをネットで販売できるサイトに、下記のサイトがあります。

結論から言ってしまうと、まずは試しに全てのサービスを使えば損しません。

サービスによって客層が違うことはご想像がつくと思います。
客層が異なれば、当然あなたの商品の売れゆきにも影響しますよね?

もし、あなたの商品を買ってくれない場所で売り続けた場合。

他だったら稼げたかもしれないなのに売れ損なってしまう…

つまり、機会損失になってしまう可能性があるわけです。

それどころか、売れない場所で売るための試行錯誤で、時間と労力を消耗することになることも考えられます。

なので、まずはどこならあなたの商品が一番売れやすいか検証してみるのがおすすめです。

一番売れるところを見つけて、今後はそこにコミットしていく。

この方が効率的だと思いませんか?

※ただし、Steamは試しに使うのは難しいと思います。
その理由は、後述をご覧いただければお分かりいただけるかと思います。

STORES

※公式サイトに飛びます。

STORESは、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社が運営する、ネットショップ(EC)が簡単に作成できるサービスです。

モノの販売だけではなく、ダウンロード販売や役務販売も可能です。

※役務販売…あなたのスキルの販売。イラスト作成や作曲などの労働。

ショップデザインを自分の好きなようにカスタマイズできます。

また、ショップ運営に必要なアクセス分析も簡単に行えます。

そして、「note」のマイページに自分の商品を表示することもできます。

※note…文章・写真・イラスト・音楽・映像などを手軽に投稿できるサービス。

これは後で紹介する「DLsite」「BOOTH」「Steam」にはない利点です。

したがって、より本格的に販売したい方にもオススメできます。

このサービスの特徴は下記のとおりです。

  • 初期費用無料
  • フリープランの場合、月額料金無料
    スタンダードプランの場合、月額料金1,980円
  • フリープランの場合、決済手数料は5%
    スタンダードプランの場合、決済手数料は3.6% (※AmazonPayは4%)
  • 振込手数料は250円
  • 事務手数料は250円(※売上振込金額が1万円未満の場合)

各プランを表で比較すると下記のような感じです。

月額料金決済手数料
フリープラン無料5%
スタンダードプラン1,980円3.6%

まずは無料で使えるフリープランから使えばOKです。

月の売上が20万円に満たないならフリープランで損しません。
逆に月の売上が20万円を超えた場合は、スタンダードプランに切り替えた方が損しません。

まずは使い始めてみてはいかがでしょうか?


STORES

※公式サイトに飛びます。


BASE

※公式サイトに飛びます。

BASEは、BASE株式会社が運営する、ネットショップ(EC)が簡単に作成できるサービスです。

国内無料ネットショップサービスでは、利用者数No.1を誇るサービスのようです。

モノの販売だけではなく、デジタルコンテンツの販売も可能です。

ショップのデザインは、無料テーマまたは有料テーマのいずれかから選択できます。

ショップ運営に必要なアクセス解析を行うことも可能です。

そして、こちらもSTORESと同じく「note」のマイページに自分の商品を表示することができます。

したがって、本格的に販売したい方にもおすすめできます。

このサービスの特徴は下記のとおりです。

  • 初期費用無料
  • 月額費用無料
  • 決済手数料は、1回の注文総額(送料含む)に対し3.6%+40円
  • サービス利用料は3%
  • 振込手数料は一律250円
  • 事務手数料は、2万円未満なら500円・2万円以上なら0円

要するに、無料で始められます。
商品が売れた場合にのみ手数料がかかるというわけなので、赤字になる心配はまずありません。

「ネットショップ作成が30秒で。」というコピーのとおり、すぐに始められますよ。


BASE

※公式サイトに飛びます。


DLsite

※公式サイトに飛びます。

DLsiteは、株式会社エイシスが運営する、同人・PCソフト・電子書籍のダウンロード販売サイトです。

このサイトの特徴は下記のとおりです。

  • 登録料無料
  • 年会費無料
  • 作品登録には審査有り
  • 販売価格を1,000円に設定した場合、660円(税込)が受取金額になる。
    (販売価格=卸価格+販売手数料)

その他、詳しくは下記リンクをご覧ください。


DLsite

※公式サイトに飛びます。


BOOTH

※公式サイトに飛びます。

BOOTHは、pixivが運営するネットショップサービスです。
ゲームに限らず、同人やグッズなどの販売も可能です。

ショップページを「好きな配色」「好きなヘッダー画像」などでカスタマイズできます。

このサイトの特徴は下記のとおりです。

  • 初期費用無料
  • 月額利用料無料
  • 販売手数料無料
  • 作品の登録に審査なし
  • 決済手数料は売上の3.6%
  • 振込手数料は、受取金額総額が30,000円未満なら200円、
    30,000円以上なら300円かかる
追加情報

公式の情報より、2020年8月26日から決済手数料が「5.6%+22円」に変更になるようです。

その他、詳しくは下記リンクをご覧ください。


BOOTH

※公式サイトに飛びます。


Steam

※公式サイトに飛びます。

Steamは、Valve Corporationが運営する、PCゲーム・PCソフトウェアなどのダウンロード販売が行えるプラットフォームです。

PCでゲームを遊ぶ方には、国内外問わず非常によく利用されています。

このプラットフォームの特徴は下記のとおりです。

  • アプリ提出料金に$100(約11,000円)必要
  • アプリ提出料金支払い後、30日間待つ必要がある
  • ゲームの審査が有り(1~5日間必要)
  • ストアページを準備し最低2週間は「近日登場」のページを公開する必要がある
  • ゲームの売上から手数料などがけっこう引かれる。
    ※あなたの利益=(売上-税金類-サービス利用料-ドル円交換手数料-海外からの送金手数料)
  • 海外ユーザーが多いため、海外向けゲームの公開にも適している

その他、詳しくは下記リンクをご覧ください。


Steam

※公式サイトに飛びます。


まとめ:早速自作ゲームを販売してみよう!

まとめ:早速自作ゲームを販売してみよう!

以上が「自作ゲームをネット上で公開して販売する方法」です。

提出料と公開までに時間がかかるSteam以外のサービスは、試しに使ってみてはいかがでしょうか?

まずは、あなたのゲームが一番売れるところを見つける。
「売れるサービスを見つけたら今後はそこに1点集中」という戦略の方が、余分な消耗をせずに済みそうです。

とはいえ、あくまで私の個人的な意見です。
あなたはどう思いますか?

こちらの記事もあわせてどうぞ!

海外の人にも買ってもらえるように、外国語対応はなるべくしておきましょう。
下記記事では制作したゲームの外国語翻訳を依頼する方法を解説しています。

»自作ゲームを翻訳する方法【ローカライズで海外進出を狙おう】


ゲーム販売と並行して、あなたのゲーム制作スキルで仕事を受けてみましょう。
下記記事では、ゲーム制作のスキルで稼ぐ方法を解説しています。

»ゲーム制作を副業にして稼ぐ方法【スキルを提供しよう】

今回は以上です。