ゲーム制作したい!ゲームエンジンとプログラミング言語おすすめ3選

2020/1/29ゲーム制作,創作

ゲーム制作したい!ゲームエンジンとプログラミング言語おすすめ3選
悩んでいる人
悩んでいる人

ゲーム制作(開発)を本格的に始めてみたい。
だけどどうやって始めたら良いんだろう?

一番良いゲーム開発エンジンって何?
どんなプログラミング言語を学習すればいいのかな?

この僕にすべてを教えてほしい!

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • オススメのゲームエンジンを3つ紹介
  • ゲームエンジンに必要なPCスペックを解説
  • ゲーム開発で使用頻度の高いプログラミング言語を解説
  • ゲーム制作の勉強方法を解説

本記事の信頼性

ドッド工房の自己紹介
ドッド工房(@AtelierDodd

この記事を書いた私は、ゲーム制作歴10年。
自作ゲームは28万プレイ突破・ゲームコンテスト6回以上受賞。
ゲーム制作の講師経験もあり、個人開発ゲームも販売しています。

今回は「ゲーム制作(開発)に使えるオススメのゲームエンジンとプログラミング言語」の解説です。

本格的にゲーム開発をしたいと思っても、どのゲームエンジンを使って、どのプログラミング言語を学習すればいいかわかりませんよね。

「簡易的なゲームエンジン(例えばツクール系)」だとプログラミングは不要です。

でもプロの現場でも使われるような「本格的なゲームエンジン」だと、プログラミング無しでゲーム開発するのは正直厳しいのが現状です。

ドッド工房のアイコン

一応プログラミング無しでも作れますが「簡単なゲーム処理の実装」に限られてしまいます。

なので今回は、本格的にゲーム開発したいあなたに向けて「どんなゲーム開発エンジンを使えばいいのか?」「プログラミング言語はどれを学習すればいいのか?」を解説します。

この記事を読めば、あなたが使うべきゲームエンジンと覚えるべきプログラミング言語を知ることができます!

それではご覧ください!

ゲーム制作したい!ゲームエンジンとプログラミング言語オススメ3選

ゲーム制作したい!ゲームエンジンとプログラミング言語オススメ3選

大前提として、ゲームは基本的に「ゲームエンジン」を使用して作ります。
そのゲームエンジンでゲームの処理を書く際に必要となるのが「プログラミング言語」です。

ドッド工房のアイコン

各ゲームエンジンごとで使用できるプログラミング言語は違います。

つまり、あなたが覚えるべきプログラミング言語は、あなたが使うゲームエンジンによって変わります。

というわけなので、これからゲーム制作を始めるにあたって下記の順番で決めていきましょう。

  1. あなたが使うゲームエンジンを選ぶ
  2. そのゲームエンジンに使えるプログラミング言語を学習する

ではさっそく「おすすめのゲームエンジン」とそのゲームエンジンで使える「プログラミング言語」を紹介していきます。

おすすめのゲームエンジン

オススメのゲームエンジン

Unity(ユニティ)

Unityは、2Dゲームと3Dゲームを開発できるゲームエンジンです。

  • Unity
    オススメ度:★★★★☆
    習得の難しさ:★★★☆☆
    使いやすさ:★★★★★
    利用料:基本的に無料(年間約1,000万円以上の収益がない場合)

世界でトップシェアと言っても良いくらい利用されているゲームエンジンです。
スマホゲームアプリを開発をしたい方に特におすすめです。

Windows・Mac・Linuxu・家庭用ゲーム機・スマホ・VRなど、様々なプラットフォームに対応したゲームを作れます。

利用者が多いのでネット上にも多くの情報が揃っており、分からないことがあればある程度ググって解決できます。

ドッド工房のアイコン

なので個人開発ゲーム(インディーゲーム)でも大変よく利用されています。
特にスマホアプリを開発する際にめちゃくちゃ使われていますよ。

あと個人だけでなくプロのゲーム開発現場でも利用されているゲームエンジンです。
企業の有名なゲームタイトルを挙げると『ポケモンGO』などがあります。

ちなみにUnityで使用できるプログラミング言語は「C#」です。
※昔は「JavaScript」や「Boo」も使えましたが、現在は「C#」に一本化されました。

ドッド工房のアイコン

なのでUnityを使いたい方は、「C#」というプログラミング言語を学習しましょう。
あとでオススメの学習方法もご紹介します。

UnrealEngine(アンリアルエンジン)

Unreal Engine(UE4)は、2Dゲームと3Dゲームを開発できるゲームエンジンです。

  • Unreal Engine
    オススメ度:★★★★★
    習得の難しさ:★★★★☆
    使いやすさ:★★★★☆
    利用料:基本的に無料(リリース後の売上が約1億円を超えない場合)

圧倒的なグラフィック表現に定評のあるゲームエンジンです。
ハイエンドなPCゲームを作りたい方に特におすすめです。

Windows・Mac・Linux・SteamOS・家庭用ゲーム機・スマホ・VRなど、様々なプラットフォームに対応したゲームを作れます。

ドッド工房のアイコン

こちらも実際のゲーム開発現場でも利用されているゲームエンジンです。
最近で有名な企業タイトルだと『VALORANT』などがあります。

利用者はUnityよりも少ないですが最近は徐々に利用者数を伸ばしています。

というのもの、昔よりも編集エディタがかなり使いやすくなっているからです。
また、ブループリント(視覚的に分かりやすいスクリプト)で手軽にゲーム処理が実装できることからです。

ドッド工房のアイコン

さらに人気の要因の一つとして、ゲームに使えるアセット(素材)が毎月無料で5つずつ手に入るからです。

どれも元々は有料のアセットなのでクオリティが高く、3Dモデリングができない人でも気軽にゲームが作れます。

ちなみにUnrealEngineで使用できるプログラミング言語は「C++」です。

ドッド工房のアイコン

なのでUE4を使いたい方は、「C++」というプログラミング言語を覚えましょう。
こちらもあとでおすすめの学習方法を紹介します。

Godot Engine(ゴドーエンジン)

Godot Engineは、2Dゲームと3Dゲームを開発できるゲームエンジンです。

  • Godot
    オススメ度:★★★☆☆
    習得の難しさ:★★★★☆
    使いやすさ:★★★★☆
    利用料:無料

2Dゲームが特に作りやすいゲームエンジンです。
すでに何らかのプログラミングに慣れている方におすすめです。

Windows・Mac・Linux・家庭用ゲーム機・スマホ・VRなど、様々なプラットフォームに対応したゲームを作れます。

UnityやUE4よりも知名度が低く利用者数も少ないマイナーなゲームエンジンです。

しかし、プログラマーにとって使いやすいゲームエンジンなので一応オススメします。

なぜなら、このゲームエンジンで使用できる言語が、下記のとおり他よりも圧倒的に多いからです。

「C#」「C++」「Ruby」「Python」など、あなたが最も使いやすい言語でゲーム開発できます。
※ただし、C#以外は言語のバインディングが必要。

そして一応、UE4の「ブループリント」のような非プログラマでも使える「Visual Script」というものも実装されています。

ドッド工房のアイコン

知名度は低いですがおすすめできるゲームエンジンの一つです。

ゲームエンジンに必要なPCスペック

ゲームエンジンに必要なPCスペック

今回ご紹介したゲームエンジンを動かすには、ある程度PCにスペックが必要になります。

あなたのパソコンが下記のスペックを満たしているか確認してください。

  • プロセッサー:intel社の「Core i5」程度以上(※第8世代以降のモデル)
  • グラフィックス:NVIDIA社のGeForce「GTX 1650」程度以上
  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:SSDで240GB以上
ドッド工房のアイコン

欲を言うなら「メモリは32GB以上」「グラフィックスはGeForce RTX 2060」は欲しいところです。
というのも、この程度のPCスペックだとUE4でアセットを読み込むとカクつくからです。

もし上記のPCスペックを満たせていないなら買い替えましょう。
本格的にゲーム開発したいなら必要な投資です。

下記の記事でコスパの良いおすすめのゲーム制作用PCを紹介しています。
参考»失敗しないPCとその選び方【快適で自由な個人ゲーム制作を】

ドッド工房のアイコン

ちなみに私も2019年に15万円くらいのPCに買い替えていますよ。
私の場合はUE4を快適に使いたかったからです。

ゲーム開発で使用頻度の高いプログラミング言語

ゲーム開発で使用頻度の高いプログラミング言語

次に各種プログラミング言語の概要について解説します。
また、実際のゲーム開発における使用実績や習得の難しさについてもご紹介します。

C#(シーシャープ)

「C」と「C++」及び「Java」をベースに作られたオブジェクト指向型言語です。

複雑なプログラムでも効率的に作成できるゲーム開発に向いている言語です。
現在、ゲームエンジンでシェアを誇るUnityやGodotで利用できる言語です。

学習難易度は高くはありません。
しかし簡単でもありません。

ドッド工房のアイコン

ちなみにCやC++と互換性はありません。
名前は似ていますがまったく別の言語です。

C++(シープラスプラス)

コンパイル型の「C」にオブジェクト指向が追加された言語です。

家庭用ゲーム機で動作するゲームに使用されることが多い言語です。
UnrealEngineやGodotで利用できる言語です。

学習難易度はやや高めです。

ドッド工房のアイコン

ちなみにCを拡張させて生まれた言語なのでCと互換性があります。
C++が扱えればCも使えるようになります。

JavaScript(ジャバスクリプト)

オブジェクト指向スクリプト言語です。

ブラウザゲームやアプリに使用されることが多い言語です。
昔はUnityでも使えましたが、現在は簡易的なゲームエンジン「RPGツクールMV」等で利用できる言語です。

学習難易度は高くなく難しくありません。

ドッド工房のアイコン

ちなみに名前が似ていますがJavaとは全くの別物です。

ゲーム制作エンジンを決めたら早速プログラミング言語を学習しよう

まとめ:ゲーム制作エンジンを決めたら早速プログラミング言語を学習しよう

今回は「 ゲーム制作(開発)に使えるオススメのゲームエンジンとプログラミング言語 」を解説しました。

一般的な意見として、最も初心者におすすめのゲームエンジンはUnityです。
多様なプラットフォームに対応しており、利用者も多くて問題解決しやすいからです。

なので学習すべきプログラミング言語は「C#」です。

ですが、私の個人的な意見としてはUE4をおすすめします。

なぜなら、Unityよりも高いグラフィック性能で開発できますし、「デジタル ヒューマン」などキャラクターレンダリングの技術も圧倒的だからです。

つまり、将来性を考えてゲーム開発していくならUE4にしておいたほうがいいでしょう。

ちなみにUE4を使う場合に学習すべきプログラミング言語は「C++」です。

使うべきゲームエンジンと覚えるべきプログラミング言語は以上です。

ドッド工房のアイコン

最後にゲーム開発とプログラミングの学習方法をご紹介します

圧倒的に効率よく学ぶ方法

短期間で効率よく学びたい方は、スクールに通うのが最もオススメです。
なぜなら、プロのゲームエンジニアにオンラインで直接教えてもらえるからです。

特におすすめのスクールとして下記の2校があります。

独学の場合だと、ゲームを1作完成させられるまで1年以上かかることもザラです。
ですが、スクールに通えばたった2か月でゲームを完成させるスキルが身につきます。

なので、独学よりも圧倒的に効率よくゲーム開発を習得したいなら、スクールに通うのがオススメです。
学ぶ意思さえあれば年齢に制限はありません。

下記の記事ではゲーム開発を専門駅に学べるプログラミングスクールを2校に厳選しました。
»ゲーム開発を学べるおすすめのプログラミングスクールは2校だけ

ゲーム開発の学歴が欲しい場合の学び方

ゲーム開発者としての学歴が欲しい方は、ゲームの専門学校に通いましょう。
特に、アミューズメントメディア総合学院または大阪アミューズメントメディア専門学校がオススメ。

専門学校は2年間かけてプロからみっちり技術と知識を学べます。
そして、学歴として「専門学校卒」と証明できるので、ゲーム業界への就職にも有利です。

もしあなたが18歳~29歳なら、専門学校に行くのがオススメですよ。

下記の記事では、ゲーム業界で活躍する人材を多く輩出している実績のある専門学校を厳選して紹介しました。
»ゲーム制作を学べる専門の学校【開発スキルを身につけて就職を有利に】

独学する方法

ゲーム開発を独学したい方は基本的に書籍を使って学習しましょう。
本ならば出版されている以上、ネットよりも情報に信頼性があるからです。

ドッド工房のアイコン

初心者のうちは情報の良し悪しの判別がつきません。

なので本を読みながら実際にゲームを作ってスキルを身につけましょう。

下記の記事で数ある本の中から選んだ「本当にオススメできるゲーム制作本」を紹介しています。
参考»【厳選】ゲーム制作におすすめの本3冊【初心者向け】